Lifelog.

by ReRe.com

アメニティドームを1年間使った感想と、初心者にオススメの理由。

f:id:rerex:20180606194612j:plain

こんにちは。にっしー(@nippiiiiiii)です。

アイキャッチはスノーピーク箕面キャンプフィールド。お世話になってます!!

 

キャンプを始める時にどのテントを買うか問題です。

キャンプを始めるときになぜアメニティドームを買うに至ったのか

迷ったテントたち

そして独自の目線でテントの選び方

を書きました。

お納めください。

 

アメニティドームを選んだ理由

出典:Amazon

 

購入時に、リアル時間で48時間くらい費やして調べまくりました。

悩みすぎて禿げるかと思いました。気をつけましょう。

 

ネットを徘徊してみたり...

いろんなショップで実物をみたり...

キャンプ歴が長い友達に聞いたり...

 

した結果、

キャンプ超初心者だったうちはスノーピークのアメニティードームSを購入しました。

基本的に2人で使用するにはM・Lサイズは巨大すぎたし

フェスとかにも持ち込むことを考えてのSサイズでした。

 

 キャンプ初心者の僕が1年間使ってみた感想をざっくり書くと

  • コスパが良すぎる
  • 初心者でも設営が簡単
  • どんな天候でも一年中使えると言うこと
  • 二人で寝るぶんには広さ十分
  • フェスでも使えるコンパクト感
  • スノーピークのアフターサービスの良さ
  • カラーリングを相棒さんが気に入った

という感じです。

1年間使ってみて、

 

( ・∇・)「最初に買うテントで、これ買ってよかったなー」

 

と思ってます。スノーピークが初心者にオススメしてるのも納得です。

使っていく中で、

このあたりが初心者キャンパーにはおすすめだったよ!

ていう感想を以下にまとめて書いてます。

技術的なことよりもどっちかというと、使ってみて良かった点・悪かった点を書きました。

オススメポイント

コスパがかなり良い

スノーピークの製品にしてはエントリーモデルということもあり激安で、

耐水圧・耐久性などの性能も申し分ない数値です。

1年間使ってみた感想としては、強風にも耐えて、雨にも霜にも耐えました。

最初の頃は設営の仕方もおぼつかなくて結構引っ張ったり雑に扱ってました。

しかし未だに破れてないです。さすが。

 

またインナーテントだけにすればかなりコンパクトです。

インナーテントの床面積は、ほぼダブルベッドと同サイズでした。

暑い夏とかはタープの下にインナーテントだけ張っておけば快適です。

大型テントの中に張ったり、用途もかなり豊富なのでコスパ最強。

 

初心者でも設営がものすごく簡単

出典:Amazon

 

初めての設営はYouTubeにあがってる動画を見て、

「これこんなに引っ張って破れん?」

とか

「ここの留め具のとめ方これであってる?」

とかわーわー言いながら、誰もいないキャンプ場で30分くらいかかってやりました。

でも慣れてくれば1人で10分くらいで設営可能です。ものすごく簡単。

ただ骨組みの部分をテントに通す時、下の動画みたく相当しならせることになるので、最初は覚悟が必要です。

 

どんな天候でも一年中使えると言うこと

出典:Amazon

 

買う前にスノーピークのショップ何回か通い、一応オールシーズン使えるということを聞きました。

実際、夏はメッシュにしとけば風の通りもよくて快適で

タープの下にフライシートなしで設営してます。

寒い時期は前室のところで暖房になるもので寒さ対策すれば意外と大丈夫です。

 

デメリットとしてアメニティドームにはスカートが付いてないので

断熱性に関しては弱いです。

なのでうちは寒い時期は電源のあるサイトで、小さいセラミックヒーターを前室でフル回転してます。

ちなみに、

石油系の暖房器具を使うときは一酸化炭素中毒に気をつけましょう。死にます。

 

大人二人で寝るには広さは十分&フェスにも最適

アメニティードームSは思ったより見た目が小さかったです。

中に入ってみると

二人が寝るぶんには十分広い&膝で立って歩けるくらいの高さ

があります。なんだかこう小さい時の記憶にある、

 

ザ・テント!ザ・キャンプ!

 

っていう感じがするので個人的に好きです。

 

デメリットとしては、

「寝るだけ」感は否めないです。

グランピングなどに憧れてテント内の居住空間を充実させたい方は

ワンポールテント(サーカスみたいな)を最初から選んだ方が後悔はないと思います。

また前室のスペースも広いので

前室に荷物を置いて防犯対策ができたりだとか、

別売りのポールを使って前室をミニタープ的な使い方をすることも可能です。

 

フライシートを被せて設営した全体の大きさも

縦の長さは平均的な成人男性1,5人分くらい

横幅は両手を広げたくらい

とコンパクトなので狭い場所でも設営可能です。

 

スノーピークは永年保証でアフターサービスも充実してる

また雨で濡れたりして自分で乾かすのがめんどくさい方は、

スノーピークが工場で乾燥させて綺麗に畳んで自宅に送ってくれるサービス

があります。

そのほか、スノーピークの製品は永年保証なので

破れたり骨組みの部分の破損であったりするものは、いつでも修理してくれます。

(ものによっては結構費用がかかるみたい)

 

また店舗にもよりますが、

設営講習会など定期的に開催されていたり

スノーピーク直営のキャンプ場に行けばスタッフの方が手が空いていれば設営補助もしてくれたり

とかなり親切で安心できます。

 

いくつか候補をあげたけど、相棒さんがカラーリングを気にいった

「この色がかわいい! と言われたから ◯月◯日はアメニティドーム記念日」 

とまあそんな感じで、最終決定に至った理由はこれが一番大きかったりします。

「じゃあ最初だし、これ買っときゃ間違いないだろう」

てな感じでうちはアメニティドームを買うに至りました。

最後まで迷ったテントたち

最後の最後まで迷ったテントを簡単に書いときます。

テント選びの参考になれば。

mont-bell ムーンライト5型

モンベルの有名なテント(このとき初めて知った)やつです。

月明かりの下でも簡単に設営ができるっていうので

ムーンライト

って名前らしいですね。

この緑色はあんまり被らないだろうし

フライシートをかぶせた形が可愛いと相棒さんに好評だったので最後まで候補に残りました。

NORDISK アスガルド

単純にこの形がすごい良いですよね。サーカスみたい。

最終候補まで残りましたが結局

 

お値段の方はかわいくなかった

のと

中の装飾品たちを揃えるのにさらにお値段張るなあ

 

ということで断念しました。

Snow Peak ランドロック

大は小を兼ねるっていう感じで

スノーピークの店頭で見たときに一目惚れしました。

 

タープを別に張る必要がないし広いし

でっかくてなんかかっこいいし

中にハンモックとかおいて寝つつもお酒飲みながら肉とか食べれるし

閉めとけば蚊も気にならないし最高

 

とか妄想しましたが

お値段もかっこよかったので、相棒さんに諭されて断念しました。

最初のテントの選び方や選ぶときに大事なこと

テントを選ぶときはテクニカル的なことよりも、この辺はマインドが大事だと思ってるので、それについて書こうと思います。

今になって思うこと

これは完全に今になって思うことですが、正直に言うと

「もっとデザイン重視で選んでもよかったな」

というのが本音です。

服とか車とかと一緒で

 

「デザインが気に入って買ったやつが一番愛着が湧いて使う」

 

ということだと思います。

アメニティドームは、風の強いキャンプ場に行くときやフェスにも持ち運びやすかったりでかなり満足しています。

ただ、性能を比較したりしていると

 

こっちの耐水圧はこのくらいで、雨漏りが...とか

レビューがあんまりよくないなあとか

 

余計なことを考え始めます。

そんな感じでテントを買うと1年くらいしたときに絶対に新しいデザインのテントが欲しくなります。

インスタとかほかのキャンパーさんを見始めると余計ほしくなります。

ようは本当に気に入ってるか否か、というところです。

 

あとは今うちはブラックキャンプを行うべく、黒いキャンプ用品を探し回っているのですが

そういった感じで「テーマ」を決めてテント選びをすると

一緒に買うタープだったり、キャンプギアだったりが統一感をだしやすくなります。

 

でもテントを選ぶときに本当に大事なこと

それは「一緒に行く人と一緒に選ぶ!」ことだと思います。

そうすれば、みんながキャンプに行くまでが楽しいし

行ってからも楽しいし

そのあとカップルや家族でキャンプ用品を揃えていくときにも

絶対に都合がいいと思います。笑

 

ただ、最初に買うテントとしてアメニティードームが候補に入ってるなら

値段の割に耐久性もあって、キャンプ入門セットとしてこれを選んで間違いないです!!

 

こんな感じで、

現場からは以上です!!